メルマガ バックナンバー

日付一覧

  • 2018/06/25 10:09:17
  • 2018/05/24 11:42:31
  • 2018/05/09 16:46:11
  • 2018/04/24 14:50:04
  • 2018/03/28 10:57:05
  • 2018/03/27 14:52:07
  • 2018/02/24 02:54:06
  • 2018/01/19 01:36:47
  • 2018/01/05 20:06:12
  • 2017/10/06 17:35:58
  • 2017/09/13 13:50:23
  • 2017/08/16 11:04:17
  • 2017/06/20 16:03:49
  • 2017/06/02 13:05:21
  • 2017/04/09 11:20:55
  • 2017/03/01 10:39:55
  • 2017/02/28 15:58:37
  • 2016/11/13 14:26:21
  • 2016/10/26 16:15:42
  • 2016/10/21 15:10:53
  • 2016/09/16 16:13:09
  • 2016/08/30 15:44:27
  • 2016/07/22 10:47:44
  • 2016/07/04 13:46:27
  • 2016/05/05 16:56:17
  • 2016/02/15 14:05:28
  • 2016/01/02 10:49:37
  • 2015/12/28 18:00:37
  • 2015/10/22 11:34:41
  • 2015/07/22 13:49:23
  • 2015/06/26 14:05:26
  • 2015/03/06 16:33:23
  • 2015/02/23 14:54:35
  • 2015/02/07 11:52:23
  • 2014/12/24 15:29:29
  • 2014/12/15 09:59:27
  • 2014/11/26 10:26:47
  • 2014/10/31 12:23:33
  • 2014/10/20 15:29:12
  • 2014/10/18 16:02:02
  • 2014/07/25 18:08:56
  • 2014/07/03 14:47:35
  • 2014/06/13 17:19:03
  • 2014/05/07 16:24:26
  • 2014/04/26 16:59:30
  • 2014/04/18 16:53:58
  • 2014/03/24 17:55:11
  • 2014/02/10 18:22:33
  • 2014/02/03 16:16:17
  • 2013/12/29 16:18:48
  • 2013/12/04 17:16:42
  • 2013/11/10 15:32:34
  • 2013/10/21 16:23:20
  • 2013/09/30 16:49:30
  • 2013/08/26 11:21:34
  • 2013/08/16 18:00:50
  • 2013/07/07 16:53:36
  • 2013/06/26 10:23:05
  • 2013/05/31 15:51:08
  • 2013/05/02 16:15:48
  • 2013/04/19 19:19:38
  • 2013/03/29 15:41:28
  • 2013/03/20 10:46:43
  • 2013/03/04 16:10:54
  • 2013/01/28 17:07:04
  • 2012/12/26 17:51:06
  • 2012/12/14 15:32:18
  • 2012/11/23 14:54:52
  • 2012/10/28 16:51:59
  • 2012/10/12 16:45:06
  • 2012/09/25 17:51:27
  • 2012/09/18 09:40:30
  • 2012/08/24 19:30:39
  • 2012/07/25 18:13:45
  • 2012/06/26 15:30:26
  • 2012/06/17 12:48:09
  • 2012/05/24 18:38:50
  • 2012/04/25 18:28:57
  • 2012/04/18 17:30:24
  • 2012/03/31 13:33:26
  • 2012/02/28 18:41:53
  • 2012/01/31 18:36:33
  • 2011/12/27 18:18:50
  • 2011/12/01 17:19:56
  • 2011/10/30 14:34:49
  • 2011/10/01 14:53:14
  • 2011/09/12 19:53:28
  • 2011/08/30 17:17:59
  • 2011/07/31 15:22:10
  • 2011/07/22 14:40:47
  • 2011/06/29 16:10:40
  • 2011/04/06 18:00:37
  • 2011/03/02 18:14:30
  • 2011/01/31 15:07:11
  • 2011/01/16 13:53:16
  • 2010/12/28 09:53:19
  • 2010/11/30 17:54:12
  • 2010/10/31 22:34:44
  • 2014/12/15 09:59:27
    • 【 yumesenkei.com@members通信 別冊AMAHARA vol.10 】

    ■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆

     【 淡路夢泉景 メンバーズ通信 別冊AMAHARA vol.10 】

                     発行:2014年12月15日(月)

    ★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

    皆様、こんにちは。
    夢泉景別荘 天原の山田でございます。

    淡路夢泉景メンバーズ通信「別冊AMAHARA」と題しまして、
    天原所縁のお話を皆様の許へお届けさせて頂いております。

    澄み渡った空気は凛として、日一日と冬の訪れを感じさせる季節。
    日増しに旨みを増す海幸と、温泉の癒しに誘われる季節でもあり
    ます。師走の喧騒を離れ、暫しの間の息抜きに淡路島へお越しに
    なられてはいかがでしょうか。

    それでは「夢泉景別荘 天原 メンバーズ通信」のスタートです。
    どうぞ最後までお付き合い下さいませ。

    ☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

    ■ トピックス

    [1] “天原流”冬のキュイジーヌ〜淡路島3年とらふぐを愉しむ
    [2] 海辺の別荘で湯にたゆたい、二人だけで過ごす聖なる夜

    ■ 編集後記

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■ トピックス
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    [1] “天原流”冬のキュイジーヌ〜淡路島3年とらふぐを愉しむ


    四方を海に囲まれ、豊饒なる大地にも恵まれた淡路島ならではの自
    然の贈り物が届けられる、メインダイニング「旬房 淡悦」。料理長
    に就任して3年目の冬を迎えた近藤真史は、奇をてらわず素材の持
    ち味を最大限に引き出すことに全霊を注ぎつつも、新たな味を模索
    し続けます。

    淡路島の冬を代表する味覚、「淡路島3年とらふぐ」が今の名前に
    なってから、今年で10年。節目の年を迎え、知名度も一層増した
    島の味覚に、「島の食材が有名になるのは嬉しいこと。その魅力を
    開花させ、さらに多くの皆様にお伝えするのが我々の仕事です」
    と、近藤は笑みをこぼしながらも真剣にてっさを引きます。

    旬房 淡悦がお届けする淡路島3年とらふぐづくし。近藤が焼き物
    に選んだのは白子の味噌焼きです。“とろ〜り”とした口当たりを
    損なわないよう慎重に火入れした白子を、サーブ直前に白味噌を塗
    って炙ります。芳ばしく薫る白味噌の風味と、十分に育ったふぐの
    白子が持つ濃厚な味わい。口に含んだ瞬間、得もいわれぬ “口福”
    感が全身を包み込み、思わず身震いするほど。地酒で頂く熱々のひ
    れ酒とも殊の外相性が良く、自ずと箸も進むというもの。

    また、お凌ぎにはふぐの身を軽く炙って手早く握った、ふぐのたた
    きの握り寿司を特製の詰めで。炙ることによって香気を纏ったふぐ
    の身はじんわり火が通って程よい食感を生み、口の中でほろりとく
    ずれるシャリとともに最高のマリアージュを奏でます。

    そして、口にした瞬間に溢れ出す旨みが人々を魅了してやまない唐
    揚げには、淡路島の藻塩を添えて。ふぐが元気に泳いでいた大海原
    の海水を、熟練の塩職人が丁寧に炊き上げて作ったその一塩は、ま
    さに淡路島3年とらふぐのテロワールと呼ぶに相応しい品。豊かな
    海の恵みが凝縮された味わい同士が醸し出すハーモニーをお愉しみ
    下さい。勿論、王道のてっさやてっちり鍋・〆の雑炊もあり、
    淡路島3年とらふぐの滋味溢れる味わいを存分に堪能できること
    でしょう。

    匠が織り成す“天原流”ふぐづくしを心ゆくまで...。

    ・滋味深き口福〜淡路島3年とらふぐを愉しむプラン
    http://www.yumesenkei.com/amahara/url.php?id=70

    *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

    [2] 海辺の別荘で湯にたゆたい、二人だけで過ごす聖なる夜


    「古事記」に伝わる天の神々の居まします処「高天原」にその名を
    頂いた、淡路夢泉景の別荘“天原〜amahara〜”で過ごす、年に
    一度の特別な夜。大切な人とのかけがえない思い出を綴ってほしい、
    そんな想いをこめた、海辺の別荘がお贈りするプレミアムオファー
    です。

    二人だけの素敵な時間を演出するアイテムとして、シャンパン&ス
    トロベリーショコラをご希望の時間にお部屋へルームサービス。
    そして、ウッドデッキテラスにはお花で彩られたフラワーバスの
    露天風呂と紀淡海峡の絶景が。

    潮騒をBGMに、花弁が揺らめく湯にたゆたう。冬の澄んだ空気
    の中、煌く星空の下で心洗われる海景を眺め、二人だけで過ごす
    ノーブルな時間。今年の冬はいつもと違うクリスマスを、海辺の
    別荘で迎えるのはいかがですか。

    Bonne fete de Noel !(素敵なクリスマスを!)

    ・Bonne fete de Noel〜海辺の別荘で過ごす二人だけのクリスマス
    http://www.yumesenkei.com/amahara/url.php?id=71

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■ 編集後記
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    気になる冬の便りの一つで、師走になると必ず届くのが「灘黒岩水
    仙郷」開園日の一報。今シーズンは平成26年12月26日(金)に
    決定いたしました。日本三大群生地の一つにも数えられ、毎年12
    月下旬〜2月上旬まで数百万本もの水仙が咲き誇り、シーズン期間
    中は多くの観光客で賑わいを見せます。

    今から約180年前、海岸に流れ着いた水仙の球根を近隣の漁師が斜
    面に植え、徐々に増えて現在に至ったとのこと。私自身も毎年、開
    花状況の確認がてら訪れるのですが、景色に魅入られ呆然と佇むこ
    ともしばしば…。抜けるような青空と紀淡海峡の絶景、一面に咲き
    誇る白い絨毯に我を忘れて癒されます。

    その匂ひ 桃より白し 水仙花。芭蕉がそう詠んだ冬の花、水仙。
    ほんのりと甘い香りに包まれた時、メルマガ読者の皆様はどの
    ような気分に浸るのでしょう。淡路島へお越しの折には、ぜひ訪
    れて頂きたい名所でございます。

    それでは皆様、最後までお付き合い頂きありがとうございました。
    次回の「別冊AMAHARA」にて、またお会いいたしましょう。

    *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

    ※最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございました。
    ※配信停止をご希望の場合は大変恐れ入りますがそのままご返信下
    さいませ。ご迷惑をお掛けいたしまして申し訳ございませんでした。

    *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

    編集:ホテルニューアワジグループ インターネット予約センター
    編集担当:山田 寛諭己
    発行:株式会社ホテルニューアワジ
    〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷1052-2(古茂江海岸)
    TEL:0799-23-0335 FAX:0799-24-0035
    TEL:0799-23-2200 FAX:0799-23-1200

    Home page http://www.yumesenkei.com/amahara/url.php?id=72
    Facebook http://www.facebook.com/YumesenkeiBessouAmahara
    Twitter https://twitter.com/#!/rsvamahara

    *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

    Copyright (C) yumesenkei. All Rights Reserved.     Mailmagazine system : powered byメール配信CGI acmailer