淡路夢泉景の過ごし方

女性グループ編

あわじ花さじき・淡路夢舞台・奇跡の星の植物館・国営明石海峡公園

あわじ花さじき・淡路夢舞台・奇跡の星の植物館・国営明石海峡公園

気心知れた3名での旅行。気候が穏やかになって、“花の島・淡路島”への観光へ。エステにも挑戦しようと旅行を計画。

明石海峡大橋を車で渡って、淡路島の最初のICとなる淡路ICを下りて、まずは、あわじ花さじきへ。神戸や大阪まで見渡せる高台にあり、広大なお花畑のパノラマが広がります。恵まれた大地の中で咲き誇る花の姿に感動。

花畑を歩き回った後は、休憩所で一休み。休憩所ではご当地アイスのびわソフトクリームに挑戦。淡路島の北淡はビワの生産地として有名。ほんのりびわ風味であっさりした味わい。そして、続いて淡路島の花スポット、淡路夢舞台へ。その中にある温室、奇跡の星の植物館へ。メインとなる広いフラワーショースペースに、それぞれのテーマに沿った5つの展示場。花を用いた素晴らしい空間作りに興味津々。

見終わった後は、温室近くのレストラン・食事処で昼食タイム。
チェックインまで時間がまだあるので、隣接する国営明石海峡公園へも足を伸ばし散策。

宿にチェックイン・入浴

宿にチェックイン・入浴

海を左手に見ながら国道28号線を南下。約50分してお宿へ到着。 お部屋は特別フロア 里楽のトリプルルームをリザーブ。タバコの臭いが苦手なので、禁煙室のリクエストをお願いしていたところ、キャンセルが出たとのことで禁煙室でのお泊りに。宿泊前に楽しみにしていたエステを5時から予約済みなので、エステ前にゆっくり温泉に入ることに。

温泉に浸かって、館内をぶらり

温泉に浸かって、館内をぶらり

淡路夢泉景の大浴場、湯賓閣「天宮の雫」でのんびりと寛ぎのひと時。浴場に向かうところにあるASHIYAバンクンメイの場所も確認できたので、エステの時間まで館内をぶらり。
少しお腹もすいてきたので、ロビーラウンジでのケーキセットを頂くことに。

ASHIYA バンクンメイ

ASHIYA バンクンメイ

この旅の目当ての一つ、ASHIYAバンクンメイの施術タイム。1名はフェイシャルエステ、あとの2名はタイ古式マッサージを体験。日頃の疲れがときほぐされていく様を実感。

かまどダイニング「バル淡道」での夕食

かまどダイニング「バル淡道」での夕食

夕食はお部屋ではなく、レストランで食べることができるプランをチョイス。かまどダイニングか鍋ダイニングかで意見が分かれるも、予約係にお勧め頂いたかまどダイニング「バル淡道」での食事に。カウンター越しに料理人との会話を楽しみながら、新鮮な海の幸に舌鼓み。量も控えめながら、1品1品丁寧な味付けに大満足。

 

カラオケボックス

夕食後は、館内にあるカラオケボックスを1時間満喫。

レディースラウンジ

レディースラウンジ

カラオケ後は、特別フロア・里楽宿泊者専用のレディースラウンジへ。お部屋からも近かったので、癒しの音楽が流れる中、夜遅くまで仲間との会話を楽しみながらのひと時を。
ちょっと声が大きくなって、周りの人に迷惑をかけてしまったかも。

就寝

起床・朝食

朝食は別個室でのご用意だったので、お部屋の荷物など気にすることなく朝食へ。

入浴タイム

入浴タイム

チェックアウト前にもう一度、温泉タイム。足を伸ばしてスパテラス水月内の淡路 棚田の湯へ。オープンエアの非常に開放的な大浴場。朝陽が注がれ、空気も美味しい。この大浴場だけにある竹炭の湯。竹炭より放出されるマイナスイオン、遠赤外線効果で、体も芯からぽっかぽかに。

チェックアウト

淡路夢泉景でのひと時を満喫した後は、事前に申し込んでいたパルシェ 香りの館・香りの湯で香り体験へ。

パルシェ 香りの館・香りの湯

パルシェ 香りの館・香りの湯

到着して、まずは予約していたフレンチレストランでの食事を満喫。
その後は、早速に7つのコースから選べる香り体験に挑戦。
悩みに悩んだ挙句、オリジナルキャンドル作りと香水づくり体験をチョイス。

帰路

ベストレート保証

休館日のご案内

スペシャルコンテンツ

月明かりを楽しむ

淡路夢泉景6つのポイント

3世代で安心して楽しめるGood Time Resort

過ごし方

記念日のおもてなし

Copyright (C) yumesenkei. All Rights Reserved.