メルマガ バックナンバー

日付一覧

  • 2018/01/19 01:36:47
  • 2018/01/05 20:06:12
  • 2017/10/06 17:35:58
  • 2017/09/13 13:50:23
  • 2017/08/16 11:04:17
  • 2017/06/20 16:03:49
  • 2017/06/02 13:05:21
  • 2017/04/09 11:20:55
  • 2017/03/01 10:39:55
  • 2017/02/28 15:58:37
  • 2016/11/13 14:26:21
  • 2016/10/26 16:15:42
  • 2016/10/21 15:10:53
  • 2016/09/16 16:13:09
  • 2016/08/30 15:44:27
  • 2016/07/22 10:47:44
  • 2016/07/04 13:46:27
  • 2016/05/05 16:56:17
  • 2016/02/15 14:05:28
  • 2016/01/02 10:49:37
  • 2015/12/28 18:00:37
  • 2015/10/22 11:34:41
  • 2015/07/22 13:49:23
  • 2015/06/26 14:05:26
  • 2015/03/06 16:33:23
  • 2015/02/23 14:54:35
  • 2015/02/07 11:52:23
  • 2014/12/24 15:29:29
  • 2014/12/15 09:59:27
  • 2014/11/26 10:26:47
  • 2014/10/31 12:23:33
  • 2014/10/20 15:29:12
  • 2014/10/18 16:02:02
  • 2014/07/25 18:08:56
  • 2014/07/03 14:47:35
  • 2014/06/13 17:19:03
  • 2014/05/07 16:24:26
  • 2014/04/26 16:59:30
  • 2014/04/18 16:53:58
  • 2014/03/24 17:55:11
  • 2014/02/10 18:22:33
  • 2014/02/03 16:16:17
  • 2013/12/29 16:18:48
  • 2013/12/04 17:16:42
  • 2013/11/10 15:32:34
  • 2013/10/21 16:23:20
  • 2013/09/30 16:49:30
  • 2013/08/26 11:21:34
  • 2013/08/16 18:00:50
  • 2013/07/07 16:53:36
  • 2013/06/26 10:23:05
  • 2013/05/31 15:51:08
  • 2013/05/02 16:15:48
  • 2013/04/19 19:19:38
  • 2013/03/29 15:41:28
  • 2013/03/20 10:46:43
  • 2013/03/04 16:10:54
  • 2013/01/28 17:07:04
  • 2012/12/26 17:51:06
  • 2012/12/14 15:32:18
  • 2012/11/23 14:54:52
  • 2012/10/28 16:51:59
  • 2012/10/12 16:45:06
  • 2012/09/25 17:51:27
  • 2012/09/18 09:40:30
  • 2012/08/24 19:30:39
  • 2012/07/25 18:13:45
  • 2012/06/26 15:30:26
  • 2012/06/17 12:48:09
  • 2012/05/24 18:38:50
  • 2012/04/25 18:28:57
  • 2012/04/18 17:30:24
  • 2012/03/31 13:33:26
  • 2012/02/28 18:41:53
  • 2012/01/31 18:36:33
  • 2011/12/27 18:18:50
  • 2011/12/01 17:19:56
  • 2011/10/30 14:34:49
  • 2011/10/01 14:53:14
  • 2011/09/12 19:53:28
  • 2011/08/30 17:17:59
  • 2011/07/31 15:22:10
  • 2011/07/22 14:40:47
  • 2011/06/29 16:10:40
  • 2011/04/06 18:00:37
  • 2011/03/02 18:14:30
  • 2011/01/31 15:07:11
  • 2011/01/16 13:53:16
  • 2010/12/28 09:53:19
  • 2010/11/30 17:54:12
  • 2010/10/31 22:34:44
  • 2012/05/24 18:38:50
    • 【yumesenkei.com@members通信 vol.52】

    ■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆

    淡路夢泉景@マンスリープレス☆メンバーズ通信★ vol.52

    発行:2012年 5月 24日

    ★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

    皆様、ご無沙汰しております。
    淡路夢泉景担当の山田 寛諭己(やまだ ひろゆき)でございます。

    メルマガ会員の皆様、世紀の天体ショー「金環日食」はご覧に
    なりましたでしょうか。場所によっては雲にさえぎられましたが、
    見事な“黄金の環”でございましたね。世紀の天体ショーが続く
    今年、次回は6月4日夜の部分月食、そして6月6日朝〜昼過ぎの
    「金星の日面通過」でございます。6月3日からは淡路夢泉景毎月
    恒例の「フルムーンデイズ」でもあります。お得に天体ショーの
    観測などいかがでしょうか。

    さて、ゴールデンウィークも終わるとあっという間に待ち遠し
    かった季節でございますね。そう、皆様お待ちかねの「夏」が
    やってまいります。

    今年は「 ap bank fes '12 Fund for Japan 」の開催会場に淡路
    島も選ばれ(8月4日〜5日)、より一層暑い夏が迎えられそうで
    ございます。グループホテルの空室状況を貼付いたしましたので、
    早期ご予約のご参考となればと存じます。

    http://www.yumesenkei.com/url.php?id=57

    それでは、ゴールデンウィークが終わってもまだまだ愉しい、
    淡路島の情報をお届けいたします。どうぞ最後までお付き合
    い下さいませ。

    ☆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

    ■ トピックス

    1)目白押しの“天体ショー”情報

    2)神秘体験 〜海ホタル観賞ツアー〜

    3)【淡路ブランド】島の夏を感じる〜本場の天然鱧を堪能〜

    4)〜淡路の真蛸と淡路牛の妙なる饗宴〜

               麦藁蛸と淡路牛の季替り膳

    ■ 神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ「What's New?」

    ■ 編集後記

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■ トピックス
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    1)6月目白押しの“天体ショー”情報

    http://www.yumesenkei.com/url.php?id=58

    5月21日の金環日食に続き、6月も天体ショーが目白押しでござい
    ます。日々の喧騒を忘れ、空を眺めて大自然の神秘を感じてみて
    はいかがでしょうか。6月の天体ショーのご紹介です。

    ・「6月4日夜 部分月食」

    金環日食の次は「部分月食」。「今度は月食が見られるのか」と
    思われるかもしれませんが、日食が見られる場合は、その前か後
    の満月に、かなりな確率で月食が起こっており、珍しいことでは
    ないそうです。しかしながら折角の天体ショー、そしてこの日は
    「フルムーンデイズ」。よりお得に天体ショーの観測が出来ます。
    月食の始まりは18時59分。日の入りとほぼ同時刻に始まり、最も
    大きく欠ける最大食は、欠け始めから1時間4分後となる20時03分
    です。満月の夜に欠ける月を拝めるというのも珍しいかと存じま
    す。日の入り直後の月食でございますので、最初は空が明るい点
    は何卒ご了承下さいませ。

    ・「6月6日朝 金星の日面通過」

    今回を見逃すと、次回の観測チャンスは2117年12月(105年後)
    という、とても貴重な天体ショー「金星の日面通過」。6月6日
    朝〜昼過ぎにかけて、太陽の手前を金星が通過するさまが観測
    できます。夜空では点に見える金星も、地球から見た直径は太陽
    のおよそ30分の1あるので、太陽面を背景にした黒い金星の姿は
    拡大しなくても確認できるとのこと。5月21日の金環日食をご覧
    になられた際にご使用の太陽観測用フィルターが再度ご活用いた
    だけるのも少々お得かと。この日も「フルムーンデイズ」開催日
    にあたりますので、世紀の天体ショーを、よりお得に観測されて
    はいかがでしょうか。

    詳しくはこちら
      ↓  ↓  ↓  ↓
    http://www.yumesenkei.com/url.php?id=58

    *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

    2)神秘体験 〜海ホタル観賞ツアー〜

    http://www.yumesenkei.com/url.php?id=59

    毎年恒例の「海ホタル観賞ツアー」。今年も開催中でございます。
    ほぼ毎週の金曜・日曜の夜にかけて、洲本温泉の各旅館からバス
    へ乗り込み出発して、バスに揺られること約50分。南あわじ市の
    阿万海岸に到着して20時30分から観賞会が開催されます。姉妹館
    の夢泉景別荘 天原の face book ページにて写真とともにご紹介
    しておりますので、ご高覧いただけましたら幸いでございます。
    http://www.yumesenkei.com/url.php?id=60

    海ホタルは蓋に小さい穴を幾つもあけてエサを入れたビンに紐を
    つけた仕掛けを海に投げ入れて捕獲します。海に投げ込んでおい
    た仕掛けを紐をたぐって引き上げ、紐の先についたビンを振ると、
    ビンの中が幻想的な青に輝きます。ウミホタルは刺激を受けると
    ルシフェリンという青色に光る発光物質を分泌して相手を威嚇
    します。夜光虫は体自体が光るのに対して、ウミホタルは発光物
    質を分泌するので、光が広範囲に「ボワ〜ッ」と広がってとても
    幻想的です。

    ツアー参加希望のみなさまはぜひ、事前に御予約下さいませ。
    ご夕食はツアーバスに間に合うように早めにご用意させて頂き
    ます。

    http://www.yumesenkei.com/url.php?id=59

    *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

    3)【淡路ブランド】島の夏を感じる〜本場の天然鱧を堪能〜

    http://www.yumesenkei.com/url.php?id=61

    京都や大阪の料亭や割烹では、夏の料理には欠かせない食材
    『鱧(ハモ)』。特に京都では鱧なら淡路島と言われるほどの
    ブランド品。高級料亭でしか味わえない“幻の淡路島産”と呼
    ばれるくらい貴重で美味しい逸品です。

    「なぜ淡路島産の鱧は市場で最高級の評価を受けるのか?」

    それは鱧が住処にしている海底の砂地が柔らかく鱧の皮に合っ
    たものと言えます。鱧の皮というのは、住処によって柔らかく
    なり、堅くもなってしまいます。また、主な漁場である淡路
    島南部や沼島地方は、潮流が早く、海底の水の流れに澱みが
    なく、いつも新鮮な海水が供給されています。餌となる甲殻類
    や魚もとても豊富です。そんな環境が最高の鱧を育てています。

    白身で淡白、それでいて深い旨みと上品な味わいをもつ鱧は色
    んな料理法に合う優れた食材です。とりわけ淡路島へお越し頂
    きましたら、ぜひ味わって頂きたいのが、同じ頃に収穫を迎え
    る淡路産の玉ねぎと鱧を割り下で一緒に煮る「鱧すき鍋」。
    淡路島で古くから受け継がれてきた郷土料理です。骨の旨みや
    新玉ねぎの甘みをたっぷりと含んだ出汁が、匠の技である
    “骨切り”により捌かれた鱧の身にしみわたり、口に入れると
    ホロリと身がほぐれ、口の中一杯に旨さが広がります。
    旬の味覚・鱧を味わうなら、その美味しさを知り尽くした
    本場淡路島へどうぞお越し下さいませ。

    http://www.yumesenkei.com/url.php?id=61

    夢泉景別荘 天原の鱧料理プランはこちら
      ↓  ↓  ↓  ↓
    http://www.yumesenkei.com/url.php?id=62

    *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

    4)〜淡路の真蛸と淡路牛の妙なる饗宴〜

               麦藁蛸と淡路牛の季替り膳

    http://www.yumesenkei.com/url.php?id=63

    兵庫県は「真蛸」の漁獲量が日本一。中でも明石海峡・播磨灘・
    鳴門海峡・紀淡海峡に囲まれた淡路島で獲れる蛸は天下一品と
    高い評価を受けています。

    麦が芽を出し、麦踏みを行い、青麦になってから、穂が黄色く
    なって行く五月〜七月頃「麦秋」、このころの蛸は
    「麦藁蛸(むぎわらだこ)」と呼ばれ、最高に美味しくなる季節
    と言われています。淡路島の地蛸は豊富な餌や速い潮流といった
    環境に恵まれ、旨みが高く身が程よくしまっています。また、
    タコの旨み成分であるアミノ酸の中で、特に多いタウリンは血中
    コレステロール値の低下等、生活習慣病の予防効果も期待できま
    す。

    そして、淡路島が誇る食のブランド「淡路牛」。筋繊維が細かく
    て柔らかいお肉は、熱を加えるとサシが溶け、柔らかく舌触りが
    よく、筋肉の旨みと脂肪の香りが微妙に溶け合い、まろやかな
    和牛独特の美味しさを醸し出します。

    “桜鯛麦藁蛸に祭鱧(さくらだいむぎわらだこにまつりはも)”
    と申しますように春から夏に掛けて旬の逸品でございます淡路島
    の真蛸。

    淡路牛とご一緒にお愉しみになられてはいかがでしょうか。

    http://www.yumesenkei.com/url.php?id=63

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■ 神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ「What's New?」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    http://www.yumesenkei.com/url.php?id=64

    昨年、当ホテルグループに加わりました
    「神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ」。
    その「神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ」の気になる情報を、
    毎号ご紹介させて頂きたいと存じます。

    まずは、これまで駐車場料金は宿泊のお客様でも1泊あたり1000円
    を申し受けておりましたが、4月1日から1泊につき24時間までは無料
    とさせて頂きました。神戸市内中心地から少し離れている神戸ベイ
    シェラトンホテルですが、街中とは違い静かでゆったりと過ごせる
    六甲アイランドを少しでも近く感じて頂ければ幸いに存じます。

    そして、個性溢れる5つのレストランでは、兵庫五国フェアを開催中
    でございます。期間中は、摂津・淡路・播磨・但馬・丹波の五国の
    山や海の幸を多彩な料理に仕上げてお客様にご提供させて頂きます。
    ご宿泊の際のご夕食に、またお気軽にお食事だけでもお愉しみ頂け
    ます。

    季刊誌「LEAF」では鉄板焼「神戸グリル」の料理長「平岡弘臣」の
    インタビューをはじめ、この兵庫五国フェアのご案内をさせて頂い
    ております。電子ブック版もご用意させて頂きましたので、ぜひ一
    度ご高覧下さいませ。

    「神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ」季刊誌「LEAF」
      ↓  ↓  ↓  ↓
    http://www.yumesenkei.com/url.php?id=65

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■ 編集後記
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    世紀の天体ショーが目白押しの今年は、オリンピックイヤーでも
    あります。各種目のオリンピック代表が順次決定しておりますが、
    タイムリーなところでは「女子バレーボール」が世界最終予選の
    真っ只中でございます。2010年世界選手権での32年ぶりのメダル
    獲得が記憶に新しい全日本女子バレーボールチーム
    「火の鳥 NIPPON」。昨年のワールドカップでは惜しくも4位でメダ
    ル獲得を逃したものの、着実に実力をつけ、世界ランキングは現在
    アメリカ・ブラジルに次いで、なんと3位(2012年1月4日更新時点)
    に位置しているとのこと。残るオリンピック出場枠は4つ。現在行わ
    れている世界最終予選の上位4カ国に与えられるそうです。大会前半
    の5月23日現在3連勝中の日本、ここは是非ともオリンピック出場を
    決めて頂きたいものでございます。

    これから梅雨を迎え寝苦しい日々が続くと思われます。何かと過ごし
    づらい季節へと移り変わってまいりますが、その後にはお待ちかねの
    「夏」が参ります。風邪など召されませぬようご自愛下さいませ。

    *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
    ※最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございました。
    ※配信停止をご希望の場合は大変恐れ入りますがそのままご返信下
    さいませ。ご迷惑をお掛けいたしまして申し訳ございませんでした。
    *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
    編集:ホテルニューアワジグループ インターネット予約センター
    編集担当:山田 寛諭己
    発行:株式会社ホテルニューアワジ
    〒656-0023 兵庫県洲本市古茂江海岸
    TEL:0799-23-2200 FAX:0799-23-1200
    *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

    Copyright (C) yumesenkei. All Rights Reserved.     Mailmagazine system : powered byメール配信CGI acmailer