メルマガ バックナンバー

日付一覧

  • 2018/03/28 10:57:05
  • 2018/03/27 14:52:07
  • 2018/02/24 02:54:06
  • 2018/01/19 01:36:47
  • 2018/01/05 20:06:12
  • 2017/10/06 17:35:58
  • 2017/09/13 13:50:23
  • 2017/08/16 11:04:17
  • 2017/06/20 16:03:49
  • 2017/06/02 13:05:21
  • 2017/04/09 11:20:55
  • 2017/03/01 10:39:55
  • 2017/02/28 15:58:37
  • 2016/11/13 14:26:21
  • 2016/10/26 16:15:42
  • 2016/10/21 15:10:53
  • 2016/09/16 16:13:09
  • 2016/08/30 15:44:27
  • 2016/07/22 10:47:44
  • 2016/07/04 13:46:27
  • 2016/05/05 16:56:17
  • 2016/02/15 14:05:28
  • 2016/01/02 10:49:37
  • 2015/12/28 18:00:37
  • 2015/10/22 11:34:41
  • 2015/07/22 13:49:23
  • 2015/06/26 14:05:26
  • 2015/03/06 16:33:23
  • 2015/02/23 14:54:35
  • 2015/02/07 11:52:23
  • 2014/12/24 15:29:29
  • 2014/12/15 09:59:27
  • 2014/11/26 10:26:47
  • 2014/10/31 12:23:33
  • 2014/10/20 15:29:12
  • 2014/10/18 16:02:02
  • 2014/07/25 18:08:56
  • 2014/07/03 14:47:35
  • 2014/06/13 17:19:03
  • 2014/05/07 16:24:26
  • 2014/04/26 16:59:30
  • 2014/04/18 16:53:58
  • 2014/03/24 17:55:11
  • 2014/02/10 18:22:33
  • 2014/02/03 16:16:17
  • 2013/12/29 16:18:48
  • 2013/12/04 17:16:42
  • 2013/11/10 15:32:34
  • 2013/10/21 16:23:20
  • 2013/09/30 16:49:30
  • 2013/08/26 11:21:34
  • 2013/08/16 18:00:50
  • 2013/07/07 16:53:36
  • 2013/06/26 10:23:05
  • 2013/05/31 15:51:08
  • 2013/05/02 16:15:48
  • 2013/04/19 19:19:38
  • 2013/03/29 15:41:28
  • 2013/03/20 10:46:43
  • 2013/03/04 16:10:54
  • 2013/01/28 17:07:04
  • 2012/12/26 17:51:06
  • 2012/12/14 15:32:18
  • 2012/11/23 14:54:52
  • 2012/10/28 16:51:59
  • 2012/10/12 16:45:06
  • 2012/09/25 17:51:27
  • 2012/09/18 09:40:30
  • 2012/08/24 19:30:39
  • 2012/07/25 18:13:45
  • 2012/06/26 15:30:26
  • 2012/06/17 12:48:09
  • 2012/05/24 18:38:50
  • 2012/04/25 18:28:57
  • 2012/04/18 17:30:24
  • 2012/03/31 13:33:26
  • 2012/02/28 18:41:53
  • 2012/01/31 18:36:33
  • 2011/12/27 18:18:50
  • 2011/12/01 17:19:56
  • 2011/10/30 14:34:49
  • 2011/10/01 14:53:14
  • 2011/09/12 19:53:28
  • 2011/08/30 17:17:59
  • 2011/07/31 15:22:10
  • 2011/07/22 14:40:47
  • 2011/06/29 16:10:40
  • 2011/04/06 18:00:37
  • 2011/03/02 18:14:30
  • 2011/01/31 15:07:11
  • 2011/01/16 13:53:16
  • 2010/12/28 09:53:19
  • 2010/11/30 17:54:12
  • 2010/10/31 22:34:44
  • 2017/06/02 13:05:21
    • 【 yumesenkei.com@members通信 vol.88 】

    ■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆

         【 淡路夢泉景@メンバーズ通信 vol.88 】

          http://www.yumesenkei.com/url.php?id=402

                      発行:2017年6月2日(金)

    ★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

    皆様、こんにちは。
    淡路夢泉景の下薗でございます。

    つい先日、ホテルニューアワジグループに誕生した新たな湯宿「湯
    山荘 阿讃琴南」。四国・香川県、阿讃山脈の山峡に位置し、清ら
    かな川のせせらぎを間近に感じることのできる、大自然に囲まれた
    全28室の渓流の奥座敷です。里山の四季を楽しみながら、長閑な情
    景と味覚、そして美合の湯に心洗われるひとときを堪能頂けます。

    阿讃琴南の特徴的な客室が、山の斜面を活かした里山ヒュッテ。
    山間の小径で草木を見つけ、ふだんよりも少し長く歩いてみたり、
    山の香りが届く広々としたウッドデッキテラスのデイベッドやハン
    モックで横になり、遠く山々に目を移し大自然にひたるお昼寝も。

    都会の喧騒を離れ、ふと故郷へ帰るかのような山荘での休日はいか
    がでしょうか。

    【湯山荘 阿讃琴南】公式HPはこちら
    http://www.yumesenkei.com/url.php?id=497


    さて、今年の5月は終盤になるにつれ暑い日が多くなり、まるで季
    節がひとつ進んだかのような気候となりましたが、皆様体調は崩さ
    れていませんでしょうか。私も先日、ついに押し入れの奥から扇風
    機を引っ張り出してきた次第です。

    そして夏に向かう前には梅雨を迎え、その時期のお楽しみも多数ご
    ざいます。なかでもおすすめは、淡路夢泉景恒例の山ホタル観賞ツ
    アー。最近はなかなかお目にかかれない蛍ですが、ここ淡路島は自
    然の宝庫。この短い期間だけ、清らかな水面に乱舞する自然の灯火
    をどうかお楽しみ頂ければと思います。

    また、作家であり人気ブロガーの「はあちゅう」さんがグループホ
    テルのホテルニューアワジに滞在した様子のレポートを現在公開中。
    ホテルニューアワジ ヴィラ楽園の魅力が満載で、淡路夢泉景の話
    題も登場しますのでぜひご覧くださいませ。

    【話題女子の淡路島trip!Vol.1】
    はあちゅう流 島宿リラックスのすすめ
    http://www.yumesenkei.com/url.php?id=498

    それでは今号も、旬の情報をお届けしてまいりたいと思います。

    ☆<INDEX>☆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

    ■トピックス

    1)夏の旅行はホテルニューアワジグループにお任せ!
                    〜 淡路島 まるごと夏遊び 〜

    2)夏の美味到来!本場淡路島の鱧や初夏のお楽しみ「麦わら蛸」
        
    3)きらめく夜 幻想の光を求めて
        〜神秘の光を楽しむ山ホタル・海ホタル観賞ツアー〜

    4)弥生時代からの眠りから目覚める初夏の彩り
        〜本福寺水御堂に咲く大賀蓮(古代蓮)と睡蓮〜

    5)自然×アート×アニメの融合
        〜兵庫県立淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」〜

    ■ 神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ「What's New?」

    ■ 編集後記

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■トピックス
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    1)夏の旅行はホテルニューアワジグループにお任せ!
                    〜 淡路島 まるごと夏遊び 〜

    照りつける日差しも日増しに夏らしくなってまいりました。これか
    ら訪れる梅雨の時期を過ぎれば、いよいよ待ちに待った本格的な夏
    到来です。

    この夏もホテルニューアワジグループでは、皆様に夏の淡路島をお
    もいっきり満喫して頂けるよう「淡路島 まるごと夏遊び」と題し
    まして特集ページをご用意致しました。
    海水浴場やプールなどの情報はもちろん、花火大会や夏祭りなどの
    イベント情報、淡路島の夏の味覚や身も心も癒される温泉、エステ
    情報まで盛り沢山の内容です。

    夏の楽園・淡路島で過ごす夏休みの計画に、ぜひお役立てください
    ませ。

    ■淡路島まるごと夏遊び 特集ページはこちら
    http://www.yumesenkei.com/url.php?id=499


    *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

    2)夏の美味到来!本場淡路島の鱧や初夏のお楽しみ「麦わら蛸」

    淡路島の夏の味覚といえば、やはり「鱧」。
    比較的暖かい海を好む鱧は、紀伊半島よりも南で良く獲れることも
    あり関東ではあまり馴染みがない魚ですが、脂の乗った白身は淡白
    で、落とし(湯引き)、天麩羅、蒲焼きと、様々な食べ方で楽しめま
    す。特に淡路島産のたまねぎと一緒に割り下で煮る「鱧すき鍋」は
    出汁をたっぷりと含ませて味わう至極の逸品。沼島の漁師料理が始
    まりとされる淡路島特有の食べ方で旬の鱧を存分にご堪能ください。

    また、鱧とともに夏の旬を彩るのが「蛸」。
    「麦わら蛸に祭鱧」といわれるように、関西では鱧と並ぶ夏の食材
    として人気で、麦が色づく初夏の蛸は格別の味わい。淡路島では弥
    生時代の遺跡から蛸を獲る為に使われたと思われる蛸壺が数多く発
    掘されており、今もその頃とほとんど変わらない蛸壺漁が行われて
    います。

    淡路夢泉景では旬の味覚と同時に島のブランド牛・淡路牛も愉しめ
    る宿泊プランをご用意し、皆様のお越しをお待ちしております。

    【コラーゲンたっぷりの鱧と淡路牛を味わうプラン】
    http://www.yumesenkei.com/url.php?id=500

    【夏の妙なる饗宴〜麦藁蛸と淡路牛の季替り膳】
    http://www.yumesenkei.com/url.php?id=501

    「夕食には鱧を食べるので、お昼は麦わら蛸を」というお客様には
    淡路夢泉景にほど近い洲本市本町に店を構える“海鮮食堂 魚増”
    さんで愉しめる旬の麦わら蛸を使用したボリューム満点のたこ天丼
    がおすすめです。鮮魚店ならではの食材の新鮮さはもちろんのこと、
    カラっと揚がったぶつ切りのたこ天が、ごはんが見えなくなるほど
    贅沢に盛り付けられた一品は箸が止まらぬ美味しさです。

    ■海鮮食堂 魚増
    住所:兵庫県洲本市本町2-3-2
    TEL :0799-22-0559
    営業時間:11:00〜13:30 ランチ営業
    定休日:火曜日(不定休)・水曜日(祝日は営業)

    淡路島へお越しの際にはぜひ、夏を代表する美味「鱧」と「麦わら
    蛸」をご堪能くださいませ。

    *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

    3)きらめく夜 幻想の光を求めて
        〜神秘の光を楽しむ山ホタル・海ホタル観賞ツアー〜

    淡路島の自然を体験できるとあって、毎年好評を頂いております
    「海ホタル/山ホタル観賞ツアー」が今年も開催。

    海ホタルとは、波の穏やかな湾内などで見られる海のミジンコのよ
    うな生物。夜行性で外敵に対する威嚇行為や仲間への危険信号とし
    て体内から青い発光物質を海水中に放出するのですが、一面が幻想
    的な光で包まれる様から「海の宝石」と呼ばれています。

    観賞ツアーは洲本温泉の各旅館からバスへ乗り込み、揺られること
    約50分。到着後の20時30分頃から観賞会が開催されます。全行程で
    約2時間半のツアーになります。

    また、6月には「山ホタル」の観賞ツアーも開催。こちらは5月30日
    から6月18日までの間、淡路島観光協会が実施する開催日以外でも
    ホテルから送迎バスが出ていますので、期間中は連日お楽しみ頂け
    るツアーとなっています。

    どちらの観賞ツアーも無料でご参加頂けますので、淡路島で自然の
    神秘との出会いを想い出にお持ち帰りください。

    ※荒天時の場合は中止となりますので予めご了承くださいませ。
    ※ツアー内容は変更になる場合がございます。
    ※どちらも人気のツアーとなりますので、定員に達し次第、受付は
     終了とさせて頂きます。ご希望の際はお早めにお申し込みくださ
     いませ。

    ■海ホタル観賞ツアーについて詳しくはこちら
    http://www.yumesenkei.com/url.php?id=502

    ■山ホタル観賞ツアーについて詳しくはこちら
    http://www.yumesenkei.com/url.php?id=503


    *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

    4)弥生時代からの眠りから目覚める初夏の彩り
        〜本福寺水御堂に咲く大賀蓮(古代蓮)と睡蓮〜

    夜明けとともにゆっくりと花を開かせ、清らかで優美な美しさを見
    せる夏の花「蓮」そして「睡蓮」。泥の中に生まれても、汚れなく
    清らかに咲く姿から「清浄無比の花」として、主に仏教の花として
    尊ばれ、夏を彩る大変馴染み深い花です。

    仏教寺院として平安時代後期から続く本福寺水御堂(みずみどう)で
    は、睡蓮はもちろんのこと大輪の大賀蓮を楽しむことができます。
    水御堂がユニークなのは咲き乱れる蓮や睡蓮と、特徴的な蓮池にあ
    ります。楕円形のコンクリートで作られた蓮池は、日本が誇る世界
    的建築家・安藤忠雄氏の設計によるもの。その蓮池は「俗界と聖界
    との境界」をイメージした大きな曲面の器で、その中には赤・白・
    黄色の睡蓮の他、2000年前の地層から発見され、永い眠りからその
    命を再び花開かせた大賀蓮(古代蓮)を見ることもできます。

    またこの蓮池は中央まで伸びた通路から下に本堂がある独特な造り
    になっています。色とりどりの睡蓮や大輪の大賀蓮を眺めながら、
    本堂への階段を降りる際に目線が蓮池と同じになる瞬間があり、池
    の中へ入っていくかのような不思議な感覚と、幻想的な光景は正に
    一見の価値ありです。

    睡蓮や蓮は朝咲きの花。昼過ぎには花が閉じてしまうので、見頃は
    午前中となります。「早起きして良かった」と思わせるコンクリー
    ト造りの寺院、本福寺水御堂を是非ご覧くださいませ。

    ■本福寺水御堂

    住所:兵庫県淡路市浦1310
    TEL :0799-74-3624
    営業時間:9:00〜17:00 無休
    見学料:大人400円・小人(中学生以下)200円
    駐車場:普通車30台、大型車5台
    http://www.yumesenkei.com/url.php?id=504


    *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

    5)自然×アート×アニメの融合
        〜兵庫県立淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」〜

    緑豊かな公園内を散策しながら美しい瀬戸内海の景色や季節の花、
    子供たちも大満足のアスレチック広場などが楽しめる兵庫県立淡路
    島公園。こちらの施設内に、日本が世界に誇るマンガ・アニメ等の
    二次元コンテンツと、公園内の豊かな自然やアスレチックを融合さ
    せた新感覚テーマパーク「ニジゲンノモリ」がいよいよ7月にオー
    プン致します。

    ニジゲンノモリでは、日本のマンガ・アニメ文化に多大な影響を与
    えた手塚治虫氏の代表作「火の鳥」の世界観を、全長1.2kmのプロ
    ジェクションマッピングで体感する「ナイトウォーク火の鳥」や、
    人気アニメ「クレヨンしんちゃん」をモチーフにした、本格的アス
    レチックコースで水上ジップラインなどを楽しむことができます。

    その他にも飲食コーナーやミュージカル劇場、イベントステージな
    ど様々なコンテンツが計画されています。

    ニジゲンノモリで体験する非日常感に溢れた幻想的な世界と新感覚
    アトラクションへ、この夏是非訪れてみてくださいませ。

    ■「ニジゲンノモリ」について詳しくはこちら
    http://www.yumesenkei.com/url.php?id=505


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■ 神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ「What's New?」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    2011年12月にホテルニューアワジグループとして新たなる一歩
    を踏み出した、「神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ」の今を
    お伝えする「What's New?」のコーナー。

    この神戸六甲アイランドに佇むランドマークホテルの旬な情報を、
    今号もお届けしてまいります。


    ◆ 開業25周年&開港150年記念宿泊プラン販売中

    神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズは、本年をもちまして開業
    25周年を迎えることができました。これも皆さまの多大なるご愛顧
    の賜物と心より感謝いたしております。
    この感謝の気持ちを込め、ホテル内すべての施設で使えるホテルク
    レジットとコーヒー発祥の街「神戸」にちなんで神戸港開港150年
    とホテル開業25周年を記念して作られた、オリジナルブレンドコー
    ヒーがついた朝食付き特別プランを6月限定でご用意いたしました。
    神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズで心安らぐ休息をお愉しみ
    くださいませ。

    ・詳細はこちら ↓ ↓ ↓
    http://www.yumesenkei.com/url.php?id=506


    ◆ ガーデンカフェ〜テラスバーベキューセット

    開放感溢れるテラス席で、家族や仲間と新鮮な魚介やお肉・焼き野
    菜のバーベキューを楽しむのはいかがでしょう。テラスレストラン
    「ガーデンカフェ」では、期間限定でバーベキューセットをご用意。
    デザート&フルーツの食べ放題に加え、ソフトドリンクもお替り自
    由です。

    ・詳細はこちら ↓ ↓ ↓
    http://www.yumesenkei.com/url.php?id=507


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■編集後記
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    周囲をぐるりと海に囲まれた淡路島。北は明石海峡、東に紀淡海峡
    西は播磨灘、南は鳴門海峡と、皆様も聞いたことのある名前がずら
    りと並んでいるのではないでしょうか。

    特に釣りを趣味とするアングラーの方々にとって、ここ淡路島は魚
    種の豊富さから“釣りのメッカ”とも呼ばれるほど。かくいう私も
    元々はブラックバスをメインターゲットとしておりましたが、最近
    は「せっかくなら美味しく食べられるお魚を」と海釣りに転向し、
    ここ最近はほぼ毎週メバルを釣りに行脚しています。

    実は運動もかねて、と時間があれば出かけてはいるものの、釣った
    お魚が美味しいもので、結果として体重が増える一方(笑)。

    そんな島のお魚たちを是非お召し上がり頂ければと、淡路夢泉景の
    料理にも地のお魚をふんだんに使用していますので、様々な調理法
    でお愉しみくださいませ。

    さて、これまで淡路夢泉景のメールマガジンで皆様にお目にかかっ
    ていましたが、私下薗は今号で最後となります。約二年間となりま
    したが、ご愛読頂きありがとうございました。次号からはまた他の
    スタッフが旬のホテル情報や島の新情報をお届けすることとなりま
    すので、引き続きご愛読頂けましたら幸いです。

    それでは皆様、これまでありがとうございました!

    *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

    ※最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
    ※配信停止をご希望の場合は大変恐れ入りますがそのままご返信く
    ださい。ご迷惑をお掛けいたしまして申し訳ございませんでした。

    *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

    ■ バックナンバーはこちらからご覧頂けます ■
    http://www.yumesenkei.com/url.php?id=412

    *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

    編集:ホテルニューアワジグループ インターネット予約センター
    発行:株式会社ホテルニューアワジ
    〒656-0023 兵庫県洲本市古茂江海岸
    TEL:0799-23-2200 FAX:0799-23-1200

    home page http://www.yumesenkei.com/
    face book http://www.facebook.com/AwajiYumesenkei
    twitter https://twitter.com/yumesenkei

    *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

    Copyright (C) yumesenkei. All Rights Reserved.     Mailmagazine system : powered byメール配信CGI acmailer