セルコスメとは

セラップ研究所

細胞医療の世界的中心地であるスイス・ローザンヌ。
1987年、この地のセラップ研究所で誕生した画期的な細胞化粧品がセルコスメです。 その最大の特徴は「生きた細胞」がベースになっているということ。クリームに含まれるフレッシュな細胞は、肌を活性化させて皮膚本来の機能を高め、若々しくハリのある素肌をよみがえらせるのに有効な働きをします。

セルコスメは動物性有効成分

セルコスメは動物性有効成分

セルコスメは、セラップ研究所が開発した特許技術「セルコントロールシステム」を用いて、完全な無菌状態の中で雌羊の胎児から細胞を抽出し、均質化・調合、そして製品化されます。
製品によっては30%以上という高濃度の細胞が含まれており、これらは素肌の状態に合わせてそれぞれ独自の機能を発揮。 私たちの素肌により近い動物性の有効成分の細胞こそが、最も効果的に素肌が本来の働きを取り戻す手助けをします。

このように貴重な細胞を守るため、セルコスメでは色素・アルコールは全く使用しておりません。

素肌の再生機能/ターンオーバーを高める働き

素肌の断面図

素肌の奥深くで誕生した表皮細胞は、上へ上へと押し上げられて、やがて角質層に届き、古いものから剥がれ落ちてゆきます。これをターンオーバーサイクルといいます。約28日で皮膚が生まれ変わるこのターンオーバーサイクルも、30歳前後から遅くなり始めてしまいます。そうしてシミ・シワ・乾燥が目立ち始めるのです。

実は私たちの素肌は、接触する物質によって良い変化を示す能力を持っています。
セルコスメに含まれる細胞が素肌の奥深くに活力を与えると、このターンオーバーサイクルが整えられ、本来の美しさを引き出すのです。