お料理

豊かな食材

淡路島の風土が育む自然の恵み。上質な食の数々をお愉しみ下さい。

旬を堪能海の幸

古くから海水から塩を作り、美しい自然の中で得られる海・山の幸、清水等を「御食国(みけつくに)」として朝廷に納めていた淡路島。
今の時代も四季折々の美味しい魚介をたっぷり味わえるのは、淡路島ならではの魅力。
島の漁港にあがる新鮮な魚介を中心に、淡路島の水と土と空気で育った選りすぐりの山海の恵みをちりばめたお料理を味わい尽くしていただきます。

【桜鯛】

瀬戸内海では、産卵を控えて栄養を豊富に蓄えて身の肥えた3月末頃から5月半ばの時期が旬。ちょうどこの頃(初期)が桜の開花と重なるので【桜鯛】や【花見鯛】と呼ばれます。※桜前線とともに鯛が沢山あがり始めると言われます。

その勇壮な姿や上品な味などで古くから日本人に好まれ、「魚の王様」として親しまれてきた「真鯛」。お祝いの席には欠かせない魚です。

【ハモ】

春になると外海から淡路島沿岸に回遊し、夏の産卵に向け活発に餌を食べ体に栄養を蓄えます。「梅雨の水を飲んで育つ」と言われる夏のハモは、身は太り脂がのってひときわ美味しさを増します。

【紅葉鯛】

産卵を控えて栄養を蓄えるため餌をもとめて沿岸に寄ってくる春は桜鯛と呼ばれ旬と言われますが、実は秋の真鯛は脂がのり、桜鯛にも勝るとも劣らない美味しさ。丸々と肥えたこの時期の鯛を特別に「もみじ鯛」と呼んでいます。

【3年フグ】

福良湾沖鳴門海峡のほど近くで限りなく自然環境に近い状態で育てられるトラフグはその運動量から、身が引き締まり旨みがたっぷり。
3年物のふぐはゆっくりと3年の月日をかけて大事に育てられるため、旨み十分で抜群の身の締まりになるそうです。

季節料理イメージ

Points

その他、蛸・烏賊・海老・磯魚・雲丹・さざえ・あわびなど、豊かな海が生む海産物の多種多様さは、島で獲れない魚はないとまで言われるほど。

風味豊かな淡路牛

淡路島といえばもちろん海の幸の宝庫ですが、実は知る人ぞしる黒毛和牛の名産地でもあります。

島内で大切に育てられる【あわじビーフ】は、優良な血統の「但馬牛」を素牛として長年に渡り他県産牛との交流を拒み、計画的な交配をすることによって改良に改良を重ね、その優れた特質をより一層高めてきました。その結果、名だたる神戸牛や松坂牛の素牛(淡路で育てた子牛を出荷して各地域で肥育)となるまでに至りました。

飾り

Points

肉質は筋繊維が細かく、こまやかなサシが入りやすい特徴をもっています。これがあの鮮やかな霜降りを描き出しているのです。霜降りは熟を加えると「サシ」が溶けてその周りの筋肉をときほぐし、柔らかく舌ざわりをよくします。このとき、筋肉のもつ味と、脂肪の香りが微妙にとけあい特有のまろやかさをかもしだすのです。

甘みたっぷり淡路野菜

畜産と結んだ肥沃な大地とさんさんと降り注ぐ太陽の光で育った、味の濃い、甘さが感じられる、元気いっぱいの島野菜。
淡路野菜の代表「甘さ」と「やわらかさ」が特徴の玉ねぎや、レタス・トマトなど季節の採れたて食材には旨みがぎゅっと詰まっています。また果物が豊かに育つこの島では「島スイーツ」の重要なアイテム、イチゴ・ブドウ・ブルーベリーがいたるところに実っています。

淡路米

淡路島の土は強い粘土質で米作りに適しているといわれており、歴史を紐解くと古事記にもその歴史が伝えられています。ツヤがあってモチモチ、糖度・香り共に高い淡路米。

手延べ素麺

昔ながらの「寒製期のみの2昼夜」かけての手作り製法にこだわった淡路手延べ素麺。丹念につくられた素麺は細く、つるっとした喉越しが自慢です。
「淡路島ぬーどる」でお楽しみください。

ベストレート保証

休館日のご案内

スペシャルコンテンツ

月明かりを楽しむ

淡路夢泉景6つのポイント

3世代で安心して楽しめるGood Time Resort

過ごし方

記念日のおもてなし

Copyright (C) yumesenkei. All Rights Reserved.